奄美の小箱今月のこの場所 (2005.5月)
This place this month

過去ログ
(2005.4)龍郷町瀬留・幾里
(2005.3)瀬戸内町節子
(2005.2)名瀬市おがみ山公園
(2004.11)瀬戸内町網の子
(2004.10)瀬戸内町白浜
(2004.9)瀬戸内町ホノホシ海岸

(2004.8)住用村城
(2004.7)大和村名音・戸円
(2004.6)瀬戸内町マネン崎
(2004.5)住用村市
(2004.4)宇検村屋鈍・阿室・平田

(2004.3)名瀬市長浜奄美の民家
(2004.2)瀬戸内町瀬戸崎
(2004.1)瀬戸内町伊須湾

(2003.12)瀬戸内町加計呂麻島嘉入

(2003.11)瀬戸内町加計呂麻島東端
(2003.10)瀬戸内町高知山展望台
(2003.9)瀬戸内町嘉徳浜

2005.5月

瀬戸内町西古見Yahoo!Mapsで地図を調べる
古仁屋から車で西へ約1時間(距離約40km)のところに最西端の集落・西古見はある。一つ手前の集落、管鈍付近から海の青さが際立ってくる。 西古見集落遠景(東側から)。集落内は銀色のトタン屋根が多い。 西古見沖に見える三つの瀬(立神岩)。
港の防波堤に書かれた文字。ふるさとへの想いがストレートに表現されている言葉に、つい足を止めてしまう。 集落西側の浜辺。白砂が美しい。GW期間中にもかかわらず、浜は静かなプライベートビーチ状態だった。 同じく西側浜辺。この海岸線の更に先に行くと曽津高崎という最西端の岬へと続く。
海沿いの道路。サンゴの石垣が印象的だ。 古仁屋へ向かう船が着いていた。曲がりくねった陸路より、海上路のほうが便利なのかもしれない。 海岸側の道路沿いにはサンゴの石垣が多く見られる。しかし、一歩集落内へ入るとさすがに石垣は減る。