奄美の小箱今月のこの場所 (2004.10月)
This place this month

過去ログ
(2004.9)瀬戸内町ホノホシ海岸
(2004.8)住用村城
(2004.7)大和村名音・戸円
(2004.6)瀬戸内町マネン崎
(2004.4)宇検村屋鈍・阿室・平田
(2004.3)名瀬市長浜奄美の民家

(2004.2)瀬戸内町瀬戸崎
(2004.1)瀬戸内町伊須湾

(2004.5)住用村市

(2003.12)瀬戸内町加計呂麻島嘉入

(2003.11)瀬戸内町加計呂麻島東端
(2003.10)瀬戸内町高知山展望台
(2003.9)瀬戸内町嘉徳浜

瀬戸内町白浜Yahoo!Mapsで地図を調べる
古仁屋より車で西へ約25分のところに白浜(集落および海岸)はある。地元では海水浴場としても知られる。深浦(篠川の手前)の案内板(写真)を左折して約5kmの場所だ。 途中の車道からすぐのところに小さな島が見える。泳いでも渡れそうな距離だ。 同じく途中で見える風景。このあたりに限らず大島海峡内は養殖業が盛んだ。
満潮に近い時間帯だったので砂浜が狭く見えるが、干潮時には広い浜だ。砂はとてもきれいだ。 防波堤に取り付けられていたペットボトル製の風車。クルクルと元気に回っていた。 海岸の道路沿いのガジュマルと民家。木陰が多くて涼しそうだ。
海岸にはアダンが密集しているところもある。アダンのあるあたりは砂浜も広い。こんな風景がいつまでも残っていて欲しいと思う。 打ち寄せる波もきれいだ。この海岸からは大島海峡の西のはずれが見える。夕景の似合う海岸かもしれない。 砂浜にいたヤドカリくん。ピンクのきれいな貝殻をかぶっていた(ひょっこり顔を上げたところをパチリ!)。